sorarix.net

日記、コンピュータ、備忘録、書きたいことを書きたいままに。気まぐれに更新中。

腐臭

長い休職期間を経て、復職を果たし気がついたら1ヶ月以上が経っていました。とりわけ労働を尊いと感じるタイプの人間では無いので、重たい腰を上げながら通勤の途についています。

気がついたら今年は終わりを迎えそうですし、そういえば冬コミとか申し込んでいたなと思いつつ、企画を上げたり、アクションが起こせていない状況です。求むモチベーション。

過去を美化する傾向があることは自覚しつつ、最近の自分は全く面白いことが出来ていないし、面白いことがかけていない。正しくはモヤモヤと頭の中で文章は起こせているものの、家に帰れば霧散して記憶の中から消えていたり、道中の寄り道ですっ飛んでいったり、昔から思いついた時には筆を執る癖をつけていたものの、今ではノートパソコンやタブレットを持ち歩くことも叶わず。

もはや、自分からは腐臭すらをも感じる。そんな感じです。いやー、求むモチベーション。どこかに無限に元気とモチベーションがわいてくるような薬とか無いのだろうか。脳汁がドバドバ出るような出来事は無いのだろうか。慢性的な脳汁不足です。

 

仕事が新しい現場なので、無理をしてメインの仕事に差し支えが出ても問題なのでしばらくの間はTwitterでぼやいてるぐらいがちょうど良いのかもしれないのですが、やっぱり達成感とか、自分が自信を持って送り出したものを他人からも評価されるっていうのは、私の中で大事なことで、それすら叶わず、ただ言われたことをやって達成感が得られない毎日というのは全くもって楽しくないし、生きる意味がだんだんと薄れていくことを感じます。かといって、本職で達成感が得られるようなイベントがあるかというと、受け身で居れば当然そんなものは無く、かといって自分から起こせることも無く。自分自身に嘘をつけるようにならないと、大人への道はまだまだ遠いなと。自分に嘘をついて、それを無理にでも納得させていかないと、不条理なことが平然とまかり通る中では生きていけないなと思っております。嘘も方便と言いますが、自己暗示って大事です。

いまだに大学を留年する夢を見る

私は大学で留年したわけではないのですが、取得単位数的にかなりギリギリで大学を卒業しました。大学4年生の時、卒業可能か否かがわかる成績の発表の時、死にそうな顔をして成績を照会したことを覚えています。

それがある種のトラウマになっているのか、未だに大学で留年が確定する悪夢を見ます。数ある悪夢の中でもかなり絶望感の高い夢なので、私の中でランク付けされている悪夢ランキングの中ではトップに入ります。もう大学を卒業して2年以上たっているにも関わらず、この夢をみた朝はアンニュイなものになります。もう、ガバリと身を起こし「ゆ、夢か…………」みたいな感じで目が覚めます。

しかも、この夢を見ている時は、現実の方でストレスを抱えていることが多く、寝ても覚めても苦しめられるダブルパンチを食らいます。ストレスを抱えたとき、私の中で有効な対策方法は寝ることなので、寝ることでストレスがたまる状況というのは、なかなかにしんどいです。今朝、大学を留年する夢を見て「うわっ」と目が覚めたときのあの憂鬱な気持ちが未だに頭から離れません。

悪夢の話をすると、私の中の悪夢は割と現実的なものが多いです。一般に悪夢というと、人を殺す夢とか、人に殺される夢とか、何かに追いかけられる夢とか、ある種、非現実的なものが多いのですが、何というか過去のトラウマをえぐりに来る、悪夢は勘弁願いたいものですね。

「コミックマーケット92」お疲れ様でした

コミックマーケット92、お疲れ様でした。サークルのブログにも似たようなエントリを投稿しましたが、こちらは私個人のブログなので、より個人的な話を書いていきたいと思います。

まず「2015年度新卒速攻退職組」のブースに来ていただいた方、ありがとうございました。今回はブースに来ていただいた方に「何を見ていらっしゃいましたか?」と聞くのを忘れていたので、何がきっかけになって足を運んでいただいたかわかりませんでしたが、何にせよブースに足を運んでいただいて、同人誌を手に取っていただけたり、見本誌を読んでいただけたりして、とても嬉しかったです。

また、ツイッターで知り合いの方も多くブースに来ていただけ、初めてお会いすることができた方もいらっしゃいました。あの暑い中、島の中まで来ていただけたのは感謝感激です。前日までWebサイトを作っていたり、Kindle版の修正作業をしたり、いろいろと精神的に極まっていたので、あんまりまともな対応ができていなかったと思います。本当にすいませんorz

発行した新刊「新・新卒退職本」は100部刷ったのですが11:45分頃に正午を待たずして完売しました。ブースまで来ていただいたのに、本を手に取っていただけなかった方が多くいらっしゃったのは、とても心が痛かったです。ただ、サークルのブログにも書かせていただきましたが、100部でも「どれだけ在庫を持って帰るかな」と当日まで胃を痛めていたので(冗談に聞こえるかもしれませんが本当)世の中はよくわからないなというのが本音です。

Kindleでもほぼ同様の内容の書籍を販売していますが、紙バージョンが欲しいという声を多く頂戴したら再版したいと思っています。表紙はもちろんキラキラで!

C92で得られた知見

これからコミケにサークル参加する方にも一般参加する方のためにも、いろいろと得られた知見を書いていきます(あんまり役に立たないかも)。

  • ねこのしっぽの対応は神(表紙のイラストにモアレが出るからと電話で連絡をいただいた。みんなモアレには気をつけよう)
  • 正誤表はわかった時点で印刷した方が得策っぽい(新・新卒退職本の正誤表はこちら。紙に印刷して一緒に渡してもよかったと思ってますが、後からさらに誤字が出てきたら困るのでWeb掲載で終わらせてしまいました)
  • どうあがいても誤字脱字は出るっぽい(トリプルチェックしてましたが誤字がありました。すいませんorz)
  • 同人誌にも一意に番号が付与できるISDNというサービスがある(めっちゃ面白いので広まって欲しい。また、管理者の方挨拶に来ていただいてありがとうございました)
  • サークル参加でコスプレをしたいなら、余裕を持って入場しましょう(ブースについて設営して……とやっていると9:30まであっと言う間)
  • サークルチケットの管理は厳重に(ブースにサークルチケットを放置してしまい大変なことになりかけた)
  • 夏コミは地獄のように暑いので、水分と塩分補給は絶対に必要(あれ室温何度だったんだろうというレベルで暑かった。食欲がなくてもウイダーとかを叩きましょう)
  • コスプレのウィッグは頭がひたすら蒸れるので何らかの対策が必要(どうにかなる問題なのか?)
  • ファンデーションは大量の汗で溶けて流れる(女の人って大変ですね〜)
  • 自分が(自分たちが)作った本を褒めてもらえるのはやっぱり嬉しい(イヤーなことばかりが続いているので、こういう機会は欲しいものですね)
  • ほかのブースを回れるぐらいの余裕を作ろう(自分のブースから動く気になれず、ずっと売り子してました)
  • こんどこそ計画的に本を作ろう(1ヶ月くらいコミケの日程を勘違いしていた関係で書き切れず、作りきれずに諦めたところが数点ありました)
  • こんどこそInDesignで本を作ろう(MS Wordに殺意を抱いた夏2017)

では、当選したら冬コミで会いましょう!! 

新・新卒退職本

新・新卒退職本