sorarix.net

日記、コンピュータ、備忘録、書きたいことを書きたいままに。気まぐれに更新中。

平成最後の夏、俺たちは幼女になった

 Mastodonで知り合った方と「幼女になりてえ」という話になって、幼女になりました。しかし、私の性は男ですし、身近に幼女が居ないので「幼女って一体何を考えているんだろう」という話になりました。

f:id:nozomu365:20180818230053p:plain

 手元には小児の発達心理学の本はあるのですが、その年齢の女児が一体何を考えているかなんて記されていません。安直な思想に頼るとプリキュアとかアイカツ!とかなんでしょうが、果たしてそうなのでしょうか。

 幼女をロールプレイングするにあたって、幼女の定義を調べてみたのですが、具体的な定義は無いようで、文字通り「幼い女子」を指すようです。具体的な年齢の定義があるならば、そこから流行っている内容について触れていくのが最善策なのですが、そういうこともわからず。いや、幼女って難しいですね。

 そもそも、身内に既婚者がおらず、従兄弟や再従兄弟にも既婚者が一人いるかどうかなので、幼女とふれあう機会がないんですよ。だから、私の頭の中にあるのは、あくまでもバーチャル幼女であって、それは創作物でしかなくて、実際の幼女に即していないのです。

 例えばTwitterなどを見ていると、自称幼女が「ふぇぇ」とか言っていますが、実際に「ふぇぇ」と言っている幼女を見たことはありません。いや、そもそも身内に既婚者がおらず、幼女とふれあう機会がないわけで、本当に幼女は「ふぇぇ」と言っているのかもしれませんが、私は観測したことがないので、その存在は確認できていません。

 ネットに蔓延るバーチャル幼女は、想像する人が考えた都合の良い幼女でしか無く、それはエロゲのシナリオを書いているライターが童貞で空想の世界を炸裂させたエロシーンを作り上げた空想上のエロでしか無いのと一緒です。

 最後にその年齢の子供(男女は問わない)と話をしたのがいつ頃なのかと考えていたのですが、実家はいわゆる限界集落と呼ばれる場所で、子供が居ませんでした。出産祝いよりも葬式が多く、都会から引っ越してきた人は田舎の風習についてこられずすぐに引っ越してしまう始末です。かつて、我々が夏休みの早朝に集会場で行っていたラジオ体操の文化は潰えてしまったみたいです。言うまでもなく、ラジオ体操をする人が居ないからです。そう、そもそもそういう世代文化に触れあう機会というのが無かったんですよね。

 こういうことを書いていると、ツイッターとかツイッターで知り合った方とかに「高橋さんってロリコンですよね」って言われるのですが、私は別にロリコンなわけではなくて、そういう絵が好きなだけで、実在するそういう年齢の女性に劣情を抱くような人間ではありません。その考えを前提にしていただいた上で、男女問わず小さい子供とふ触れあう機会というのが、本当に減っているのでは無いかなと思います。

 こういうググっても出てこない(幼女でググっても幼女戦記しか出てこない)事柄って、皆さんどういう風にキャッチアップをされているのでしょうか。これは別段変な話では無くて、仕事を含めた実生活に生きてくるものだと思います。スマートフォンのアプリケーションとか、ゲームとか、子供向けのものをリリースしようとしたときユーザインターフェースに与えるアフォーダンスのジェネレーションギャップだったり、そういうのって、開発者が年齢を重ねるほど難しくなっていくのでは無いでしょうか。

 論点が発散してしまって、結局何を書いて良いのかわからなくなってしまっているのですが、こういうロールプレイングって別に幼女じゃなくても面白いなという話と、そういうことを考えていないと、どんどん己だけの感性で物を作って行ってしまうんじゃないかなと、強引なオチをつけて終わり。

  幼女って一体何を考えてるんだ~。

2018年8月17日の日記

※ 本投稿は飲酒の上おこなわれています。

 夏コミも終わって、すべてが燃え尽きしてしまった感じで、燃え尽き症候群を体感しています。7月末にいろいろな事柄が固まりすぎて居たため、修羅場の修羅場といった様相を呈しており、それらが無事に片付きコミケが終わったこともあって、ここ数ヶ月の修羅場も無事一段落がついた次第です。

 別段、何か書きたいことがあってこのはてなブログを開いたわけではなく・・・・・・というより、書きたいことがあるのだけれども、上手に文章にすることができず、そういえば最近まともに自分の考えを文字としてアウトプットすることが無かったなと思い、このブログの投稿画面を開いたわけです。

 だから、特に落ちとかも無くて、ただこうやって非生産的な文章を書き連ねることに、ある種のリハビリと、ある種の快感を覚えながら、ジンを口に運んでいます。今まではウイスキーを飲むことが多かったのですが、ジンは口当たりのえぐみが少なくてとても飲みやすいです。トニックウォーターを買ってきて、ジントニックにすればもっと美味しいアルコール飲料ができあがるのでしょう。

 実はこの文章は新しいオフィスのパソコンで書かれていて、飲酒の新しいオフィスで行われています。オフィスの休憩室でうたた寝をしていたら終電を逃してしまい、泣く泣くオフィスに一泊しているのですが、なかなか寝付けないため、お酒をちゅるりと飲んでいるわけです。ちゅるりと飲むって何だよって思いますが、お猪口を使って日本酒を飲んでいると、なんとなくちゅるりと飲んでいる感はありますね。私はマグカップで酒を飲んでいるわけなんですけど。

 ここまで意味不明な怪文章を書いてきたわけなんですけど、やっぱり落ちなんて思い浮かばず、それじゃあお休み世界という感じでこのブログは終わり。

 

マルウェアの名前を検索するとGoogleの検索結果が汚染されていた

Windowsを使っている人ならば標準でWindows Defenderがインストールされていますし、別途アンチウイルスソフト(アンチマルウェアソフト)をインストールしている方も多いと思います。

危険な行動をしていなくてもマルウェアの脅威に晒されることがあります。そういった場合はアンチウイルスソフトが反応し、脅威を免れることができます。

アンチウイルスソフトが反応した際、マルウェアの名前が表示されるので、その名前を検索して「どういったマルウェアだったのか」ということを調べると思うのですが、その時、検索結果に表示される結果に注意が必要です。

本来であれば、シマンテック(Symantec)やマカフィー(McAfee)、カスペルスキー(Kaspersky)といった、信頼できるセキュリティベンダーのページが表示されるのですが、どうやらスパイウェア(スパイウェアのような)を配布しているページがSEOによって上位に表示されるようになっています。

簡単な例を出します。検索したのは、Webページを開くとビットコインを採掘するマルウェア「Trojan:HTML/Brocoiner」(Windows Defenderでの名前)です。

f:id:nozomu365:20180523131913p:plain

赤い枠で囲ったのが、マルウェアといっても過言ではない偽アンチウイルスソフトを配布しているページです。信頼するべき一次情報よりも上位にページが表示されています。

検索結果は利用者によって最適化されているため、この通りのページが表示されている訳ではないと思いますが、大多数の方が似たような結果になっているものと考えられ、パソコンに詳しくない人がアンチウイルスソフトの反応に驚いて、Googleで検索して情報を収集しようとすると、偽アンチウイルスソフトに引っかかってしまう状態です。

焦った人間の心理を利用する狡猾な手法なので、憤りを感じるのですが、Googleの検索結果はGoogleが何らかの対応を行わない限り、同様の結果が表示されます。しばらくの間は似たような状況が続くと予想されます。

具体的な対応方法が無いのがつらいのですが、とりあえず簡単な情報共有ということで。ご注意ください。