読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sorarix.net

日記、コンピュータ、備忘録、書きたいことを書きたいままに。気まぐれに更新中。

実戦「CR GoGoピラミッド」見た目よりも甘い感じ

f:id:nozomu365:20170325215510p:plain

 噂に聞いていたハネモノ台、CR GoGoピラミッドをうってきたので簡単な感想を書いて行きます。今回打ったのは1000タイプです。

実戦結果

 実戦結果はこんな感じで思っていたよりも軽い当たりから、出玉を伸ばすことができました。大当り回数はカウントしていなかったので曖昧ですが、最大4,500まで伸び、途中ハマった記憶があるので、おおむねこれぐらいだった気がします。

  • 投資: 約300発
  • 回収: 約3,000発
  • 大当り回数: 約5〜6回(記憶が曖昧)

スペック

  • 大当り確率: 約1/48
  • 賞球数: 3&4&15
  • ラウンド: 9R(実質8R)
  • カウント: 9C
  • 出玉数: 約1,000発(15発*9C*8R)

良い所

  • 見た目のキワモノっぽい雰囲気
  • 極めてシンプルなゲーム性
  • 予想していたよりも軽い当たりとそこそこの出球
  • そこそこ鳴き、そこそこ拾うので球持ちが良い
  • 気持ちを煽らない中東を思わせる和やかなBGM
  • 球がドクロマークに拾われた時の和やかな効果音
  • オーバー入賞したときの、和やかな効果音

 液晶の無いシンプルな盤面に打たれた釘はピラミッドを思わせる三角形をしており、その独特の雰囲気はデジパチ全盛の昨今、ファラオのイラストも合わさって極めて奇妙です。

 ゲーム性はいわゆるハネモノで、V入賞口に球が入れば大当りとなります。ドクロマークの入賞口に拾われた場合はハズレです。

 手持ちの500発の球でゲームを開始すると、300発ほど使った所で大当りして、そのまま持ち玉を増やしていくことができました。釘を見る限りでは無理ゲー感がありますが、打ち始めると結構甘めに感じます。その代わり、攻略法と言えるような打ち方が見当たらないため、ハマるときはとにかく大きくハマります。途中、70鳴きほどハマって出玉を大きく削られたので、出玉を加味すると2〜3回ほど当たったらやめるぐらいがちょうど良い立ち回りなのかもしれません。

 お店の釘調整にもよるでしょうが鳴きと拾いは悪くありません。鳴きと拾いを両立させるには、左と中央のチャッカーを狙うのが良いと思います。ただ、球がチャッカーに入った後、ハネが開く一連の流れが少しモッサリとしているため、TOKIOやビックシューターに慣れていると、慣れない打ちは違和感があるでしょう。

 また、BGMと効果音が秀逸です。BGMと効果音・・・・・・つまりはサウンドですが、最近の台はいかに打ち手の気持ちを煽るかを考えてサウンドが作られています。しかしこの台から常時流れているのは、中東を思わせるエキゾチックなBGMで聞いていると眠たくなります。また、ピラミッドの中でドクロマークの口に拾われると「プチュン」、オーバー入賞すると「ピロリロリ」とファミコンを思わせる音がなります。笑えてきます。

悪い所

  • 鳴くと荒れに荒れるストローク
  • 音量が変わるだけの謎のチャンスボタン
  • こちらを見つめる不気味なファラオのイラスト
  • 設置台数が少ない

 この台の最も悪い所は、鳴くとストロークが滅茶苦茶に荒れることです。その動きは予測不可能と言ってもいいでしょう。上手に鳴く場所に球を打っていても、鳴いたら明後日の方向に球が飛んでいき、拾いゼロはザラにあります。鳴きと拾いを両立できるストロークを見つける他ありませんが、もうちょっとなんとかならなかったのかと思いました。ハネモノ台はハネに拾われた後の球の動きに一喜一憂するのが楽しみなのに、拾わせることに気が行ってしまい、ピラミッドの中でどのように球が動くのか見る余裕がありません。

 筐体にはチャンスボタンがありますが、ボタンを押すと音量が変わります。チャンスとは・・・・・・・・・・・・。後、ファラオのイラストがこちらをずっと見つめているので、なんとも言えない気持ちになります。せめてクレオパトラの可愛いイラストとかにしてくださいよ。

総評 

 面白い台だと思います。1000に関しては釘にもよるでしょうが甘い印象を受けたので、他のハネモノが駄目な時には気分転換に使える台でしょう。これだけで一日戦えるかと言われると「釘の良い台に座れれば」というところですが、緩急がないので長いこと打っていると飽きてきそうです。スマホを見ながら打っても良いでしょう。